前頭葉の働き

前頭葉の働き

前頭葉の働きや機能とはどのようなものでしょうか?前頭葉は人間の思考にとって非常に重要な役割と機能を担っています。
前頭葉の働きとはどうなのか、どんな風なのか、どんな感じなのかを紹介しています。

前頭葉の働き

前頭葉の働きは、主に人間の思考や意思、創造力などを司ることだと言われています。

前頭葉は大脳の中心より僅かに前方にある場所を指し、この領域で人間は行動を起こしているとされています。

前頭葉の働きというのはその中でさらに細分化 されているのです。

運動野という場所では筋肉を動かす指令を最初に発し、中心の溝より後方には周囲の状況を認知する機能があります。

それよりも前にある 前頭前野では何かに対する意欲や意思決定、行動に対する抑制といった、人間が人間らしく生きるための機能が詰まっています。

実はこの前頭葉の働きとい うのは人間の進化の過程で劇的に発達した場所で、人間と猿を隔てる分水嶺だとも言われているのです。

また、前頭葉の働きの中には創造力を司ることも含まれていると前述しましたが、その部分をもう少し詳しく説明していきましょう。

前頭葉の機能

前頭葉の中で最も創造性に関わりが深いのが脳幹網様体という組織です。

延髄から中脳と呼ばれる部位にあるこの脳幹毛様体は、一見して網の目のような形をしていることからこの様な名前がついたのですが、この脳幹毛様体は脳、 それも特に大脳に関して多きな影響力があります。

網の目のような形をしているためにこのような名前がついたのですが、それは全て大脳という超精密な機械を 円滑に動かす為の重要な器官なのです。

脳幹毛様体は神経細胞が複雑に絡み合いながら大脳新皮質と繋がっている場所で、大脳に対しても大きな影響力を与えることが出来ます。

脳幹様毛体からの情報は全く整理されるおとなく大脳新皮質へ送り込まれます。

すると、未整理の情報を送られた大脳はそれを処理しようと負荷をかけて躍 起になり、結果として大脳自体を活性化させる効果が現れるのです。

また、人間の意識や同一性を保ち、同時に大脳に働きかける、という観点から人間の意識を保つという前頭葉の働きのあらわれであるとも言われていました。

また、脳幹毛様体から受け取った情報を元に、大脳は前頭葉で感覚や記憶、思考などを統合、整理し、次の行動を決定します。

ですからこの脳幹毛様体が損壊したり疾患を患ったりすると、人間の行動にも支障が出てきます。

代表的なのが鬱症状、興奮状態の異常な継続など、勘定 の触れ幅が以上に大きくなる、といわれています。



前頭葉には十分気を付けて下さい

少し前までは、この部位をロボトミー手術によって切除する、前頭葉の働きをキャンセルするという治療法がありましたが、人道的な理由から行われておりません 。

ですので、もし頭に怪我をおった場合、前頭葉の働きが故障していると大変なことにんなります。

たいしたことはなさそうでも、しっかり医師の診察を受け、検査を してもらうことを強くオススメします。